建設コンサルタント/埋蔵文化財発掘調査

3次元レーザー連続計測

TECHNOLOGY

3次元レーザー連続計測(3DLS) 応用事例

① 発掘調査ー全面完掘後ー事例

発掘調査を実施した現場において、遺構完掘後、3次元レーザー計測を実施しました。 往時の地形形状や使用された遺構を連続計測し、形状の3D保存記録は勿論、平面図・断面図・土量計算など電子図化を実施しました。

 

② 墓の実測事例

江戸期の墓地調査において、3次元レーザー連続計測により墓地の形状・石碑位置などを記録保存した事例。計測データを基に、電子図化・復元方法などについて検討しました。

 

③ 石垣の実測事例

城壁の石垣の形状や変形量を把握する目的で、3次元レーザー連続計測を活用しました。計測結果を基に石垣の形状(高さ、角度、斜延長など)と変位(沈下量、ふくらみ量など)推定しました。石垣の修復・復元にも応用可能です。

 

④ 土器・石器 3次元レーザー計測システム

 

 

PAGETOP
Copyright © TAISEI ENGINEERING Co.,Ltd. All Rights Reserved.