建設コンサルタント/埋蔵文化財発掘調査

業務実施例(保全)

COMPANY

業務実施例(保全)

《橋梁点検》

目的:橋梁の損傷状況把握
内容:地上から、または梯子・リフト車・船・橋梁点検車等を用いて、部材の近接目視点検、及び第三者被害が想定される箇所の打音点検を行います。

橋梁点検-1
橋梁点検-2

《トンネル点検》

目的:トンネルの損傷状況把握
内容:地上から、またはトンネル点検車等を用いて、部材の近接目視点、及び第三者被害が想定される箇所の打音点検を行います。

トンネル点検-1
トンネル点検-2

《強度確認》

目的:コンクリート構造物の強度把握
内容:供試体及び実構造物のコンクリート表面の反発度を測定し、材料強度を推定します。

強度確認-1
強度確認-2

《鉄筋探査》

目的:コンクリート中の鉄筋位置・かぶり厚さ把握
内容:電磁波レーダ法や電磁誘導法による鉄筋探査を実施し、鉄筋位置が正規の位置にあるか、かぶり厚さが確保されているかどうかを調査します。

鉄筋探査-1
鉄筋探査-2

《自然電位・分極抵抗測定》

目的:コンクリート中の鋼材の腐食状況把握
内容:鋼材表面の電位から鋼材腐食を診断する自然電位測定、及び腐食速度と反比例関係にある分極抵抗から腐食速度を推定する分極抵抗測定を実施し、コンクリート中の鋼材の腐食状況を間接的に把握します。

自然電位・分極抵抗測定-1
自然電位・分極抵抗測定-2

《超音波測定・磁粉深傷試験》

目的:鋼部材の腐食による減肉・亀裂状況把握
内容:材料中を伝搬する超音波パルスの往復時間から板厚を測定する超音波測定、及び強磁性体である鉄鋼材料を磁化することで、鋼材表面の磁粉模様から部材内の欠損を見つけ出す磁粉探傷試験を実施します。

超音波測定・磁粉深傷試験-1
超音波測定・磁粉深傷試験-2

《路面下探査》

目的:橋台背面等の空洞が出やすい路面下の状況把握
内容:電磁波を放射し、地中の電気的性質の変化を反映する反射波を分析することで路面下の地盤の変状を捉える地中レーダ探査を行います。

路面下探査-1
路面下探査-2

《空洞調査・変位測定》

目的:トンネルの健全度・変状把握
内容:電磁波探査、コアボーリングによる目視確認等のトンネル覆工背面の空洞調査、及びトータルステーションを用いた内空変位測定を実施します。

空洞調査・変位測定-1
空洞調査・変位測定-2

《コア搾取》

目的:構造物の健全度把握
内容:現位置のコンクリートコアを採取して室内試験を実施し、その材料特性(圧縮強度、静弾性係数、中性化深さ、塩化物含有量等)から材料の健全度を把握します。

コア採取-1
コア採取-2

《はつり調査》

目的:構造物の状態(中性化、かぶり厚さ、鉄筋径、腐食度等)の把握
内容:手ばつり、電動ピック、エアーピック、電動ドリルを用いて実構造物のはつり調査を実施し、中性化、鉄筋のかぶり厚さ、鉄筋径、腐食の度合い等を目視確認します。

 

はつり調査-1
はつり調査-2

 

PAGETOP
Copyright © TAISEI ENGINEERING Co.,Ltd. All Rights Reserved.